形成外科|診療案内|恵王病院(奈良)

診療のご案内MEDICAL SERVICES

形成外科

形成外科は身体に生じた変形や欠損などに対し、形態的にも機能的にも、本来あるべき姿に再建修復し、また整容的によりきれいにすることによって、生活の質QOL(quality of life)の向上を目指す外科系の診療科です。ひとりでも多くの方々のQOL向上に貢献できるよう、日々努めています。
外から見て具合が悪ければすべて形成外科で診察していますが、皮膚だけでなく、具合の悪い原因がその下の筋肉や骨にあるのならそれも形成外科で治療を行います。 変形や欠損ができる原因は大きくわけて3つあり、1つめは外傷(けが)、2つめは腫瘍(できもの)、3つめは先天異常(生まれつき)です。

外傷(けが)

擦り傷、切り傷、やけどなど皮膚の傷はもちろん、顔や指の骨折を伴う外傷も手術しています。骨折に伴い腱や神経の損傷がありましたら、それについても手術をしています。また、これらのけがをした後のきずあと、ひきつれ(瘢痕、瘢痕拘縮)も手術で改善します。その他、床ずれ(褥瘡)や陥入爪(巻き爪)、手術後・外傷後などのケロイド・肥厚性瘢痕、血のめぐりが悪くなってできてしまった皮膚潰瘍なども治療しています。

腫瘍(できもの)

小さなあざ・ほくろ(母斑)、いぼ、こぶはもちろん、皮膚がんも治療しています。その他皮膚以外のがんでも切除した後に大きな欠損ができてしまうようであれば、形成外科が生じた欠損を補う手術を行います。

先天異常(生まれつき)

眼瞼下垂、眼瞼内反症などまぶたの異常、でべそ、包茎、腋臭症(わきが)も手術しています。

なかなか治らない、あるいは治りにくい「傷」に対して検査・治療・指導も行っております。治りにくい傷は、糖尿病や重度動脈硬化疾患などの基礎疾患を合併していることがありますので内科と連携してより良い診療を提供させていただきます。

外来担当表

受付時間
午前 
9:00~11:30
杉本院長 中山(毅) 中山副院長 正野 中山(毅) 杉本院長
午後  13:30〜16:30
夜診  18:00〜19:30 杉本院長 正野 中山(毅) 杉本院長 正野