恵王病院(奈良)の理事長挨拶

病院のご案内ABOUT KEIOU

理事長挨拶

私たちが医学を志した当時「医は仁術」と言われ、それを実践する医師は聖職者とされていました。今は死語になりつつあるこの言葉を、当病院は蘇らせたいと思っています。 患者様のために最善の医療を行うことこそが仁術なのです。

現在は多くの場面で「医」はサービス業になり「聖職」は介護へと、治療と介護が分離されています。その結果、治療を行うドクターの相対数が減って医者不足を招きました。
また医学部に入るのが難しくなったことで、入ることに労力を使いきって、
現場に立つときは既に疲弊しているドクターが増えました。

医学が進歩し多くを学ばなければならないのに、事後の勉強ができない状態なのです。
私はそれら医師を取り巻く環境を危惧しています。
ですから「医療を担っていく」意欲のあるドクターに、着実に力を身につけられる環境、将来に夢を持てる医療現場を提供したいと考えています。そのような医療現場こそが患者様に最善の医療を行うことが可能です。

今後とも、医師・看護師等の医療従事者の充実に努め、 地域のご要望に的確に対応できる病院を目指し、邁進していく所存でありますので、 皆様のご理解・ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。